夏が来る前にスベスベ肌を手に入れよう!

最近は医療機関やエステで脱毛するものから自己処理するものなど様々な方法から選択できるようになりました。医療機関ではレーザーや絶縁針を用いた脱毛方法があります。レーザー脱毛は黒い色素に反応する特性を生かして毛根にのみダメージを与える方法で、ルビーレーザーやアレキサンドライドレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーがあります。輪ゴムに弾かれた程度の痛みで広範囲に脱毛する事ができます。絶縁針脱毛は絶縁針を毛穴一つ一つに差し込み直接毛根にダメージを与えていく方法で、かなりの痛みが伴いますが永久性が高いのが特徴です。
af9920059239l一方、エステではニードル脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、ワックス脱毛などがあります。ニードル脱毛とは絶縁針と同様の方法で毛根にダメージを与えるものです。エステなど医療機関ではないところでは麻酔を使って施術する事ができません。また、絶縁針は肌に接触してしまう箇所に特殊なコーティングがされていますが、ニードル脱毛では針がコーティングされていないので炎症や色素沈着の可能性もあります。IPL脱毛やフラッシュ脱毛、プラズマ脱毛は、原理的にはレーザーと同様の方法で毛根を破壊します。レーザーより痛みを感じず脱毛する事ができます。ワックス脱毛は脱毛専用のワックスを用い一気に抜き取る方法で、手軽に一時的な脱毛ができます。そして、自己処理では脱毛器やカミソリ、脱毛クリーム、毛抜きなどがあります。近頃は自宅でレーザー脱毛を行える機器も発売されるようになりました。

TOPへ戻る