カテゴリー「未分類」の記事

医療脱毛の安心感

2014年12月28日 / 未分類

ムダ毛をどうにかしたい。脱毛をして綺麗になりたい思う方は多いのではないでしょうか。特に肌の露出が増える夏が近づくにつれてムダ毛をどうにかしたい。と思う方は多くなっていくのではないでしょうか。脱毛する方法は自己処理、エステ、医療脱毛があります。自己処理の場合は手軽にできますが、肌にも負担がかかりやすいですし、綺麗になりにくいところが難点です。エステの場合は、脱毛だけの目的で行ってもダイエットを勧誘される断りにくい方もいると思います。そのような方は医療脱毛を考えてみてはいかがでしょうか。医療脱毛はエステに比べますと営利目的は低いと考えられます。その為、ここの部分だけ脱毛すれば良い。ときちんと伝えればそれ以上の脱毛やその他美容に関する事を勧められる事は低いと思いますので、勧誘の言葉に弱い方は医療脱毛の方が向いているかもしれません。医療脱毛では人間の体を知り尽くしたプロ。すなわち医師や看護師が脱毛をするわけですから、少々肌が弱っている状態の時は無理に脱毛を行なう事はないですし、脱毛中にならかのトラブルが発生しても、あわてる事なく適切な処置をしてくれる事でしょう。せっかく綺麗になる為に脱毛するのに不適切な行為で肌が腫れた、膿が出て痛いなどのトラブルがなく脱毛をしたいものです。その為には医療脱毛の方が安心できますので、脱毛の費用が高額になりますが、自分の肌や体の為を思えば医療脱毛の方が適しているといえるのではないでしょうか。

永久脱毛の施術を受けられる医療機関とサロン選び

2014年12月28日 / 未分類

永久脱毛は、レーザーによる施術が主流ですが、レーザーによる痛みは、個人差があり、多少の痛みは伴いますが、従来の機器に比べ軽減されています。永久脱毛の施術で、半永久的な効果を望む場合には、信頼と実績が確認できる医療機関を選択することが大切です。1回あたりの施術料金は、サロンにaf9920074267l比べて高く設定されていることが多いため、料金の確認は必要です。脱毛サロンなどでの施術料は、低く設定されているところが増えていますが、サロンでの永久脱毛は、使用されるレーザーの出力が低いため、医療機関より効果が低いとされています。その分皮膚へのダメージが抑えられ、安全性の高さというメリットもあります。しかし、脱毛施術後に、「肌トラブル」「思った処理効果が得られない」「追加費用によるローントラブル」などの問題も多数起きているため、信頼と実績はしっかり確認し、事前カウンセリングを受けて、自分に合った方法があるかなどを含め、サロンを選んでいく必要があります。無料のお試しキャンペーンを売りに高額なローンを組まされることもあるため、サロン選びには注意が必要です。妊娠中・妊娠をしている可能性のある人は、施術を受けられない場合があるため事前に確認することが必要です。また、医療機関での施術の場合には、肌トラブルが起こった場合、すぐに医師の診察を受けられるため問題はないですが、サロンの場合は、施術後の肌トラブルが起こった際のアフターフォローがしっかりしているかなどについても確認をしておくことが大切です。

初めての永久脱毛

2014年12月28日 / 未分類

永久脱毛とは、もともとは針脱毛のことでした。 最近では、皮膚に電気熱がいかないように研究・開発された「絶縁針」を使った方法があり、医療機関では安全&確実な永久脱毛を行っています。この電気針脱毛は、通電している状態の針が皮膚の表面と接触するため、強い痛みを感じたり、火傷や色素沈着を起こしやすい欠点がありました。この欠点を改善し、絶縁針脱毛を生み出しました。この方法は、毛が生えてくる源の部分に電気熱で処理し、皮膚表面に火傷跡などを残さないように開発されました。各箇所の毛の質や量と成長時期の毛根の深等に合わせて、最も効果的な太さと長さの針を作りました。そのため、この針は約20種類もあります。そして、針の根元部分をやや太くする事で針が毛乳頭より深い位置に挿入することがないように工夫しました。さらに、皮膚に接している部分を絶縁することで、皮膚に電気熱がいかないようにしました。それにより、レーザーでは脱毛がしにくい箇所や日焼けしている肌でも、安全で確実な永久脱毛ができるようになりました。絶縁針脱毛は、毛穴に通した針に電気を通すので、直後に皮膚に赤みが出たり、腫れたりします。脱毛当日は脱毛部位をしっかり冷やした方が良いです。身体を温める入浴や運動、飲酒も避けましょう。毛穴が開いた状態なので、化膿止めの軟膏を数日間塗ります。赤みのある間は直射日光を避け、落ち着いたら日焼け防止のクリームン度も必ず塗ります。アフターケアの作業をしっかりやることで、脱毛後の肌は毛穴が引き締まり、すべすべになります。

レーザー光による効果

2014年12月28日 / 未分類

レーザー光による医療脱毛は1回での効果が高く効率よく脱毛することができます。レーザー光は、黒いものに反応する性質があり、メラニン色素がレーザー光を吸収して、毛乳頭にダメージを与え破壊するのです。これにより、毛の再生ができなくなります。そして、数日から一週間がたったころ、なにもしなくてもポロッと毛が抜けるのです。毛が抜けた毛穴は、徐々に閉じていき、毛が生えてこなくなります。では、なぜ一度のレーザー光の照射では効果がないのでしょうか。それは、毛のサイクルがあるためです。毛には成長期、退行期、休止期というサイクルがあり、レーザー光の照射に反応が良いのは、成長期の毛だけです。レーザー光をあてた時に休止期だった毛は、成長期に入った際に、レーザーaf9940073858l光を再びあてることで効果が得られるのです。こうして数回のレーザー光による医療脱毛を行うことで、むだ毛の量が減り、次第にお手入れいらずになるのです。その効果はエステでの光脱毛よりも出力が高いため、効率的です。なるべく短期間でむだ毛を減らしたいならば、レーザー光による医療脱毛の方をお勧めします。医療法として認められる脱毛の定義は毛乳頭や皮脂腺開口部を破壊することとされており、2000年11月16日厚生省により、医療行為であると認められました。クリニックでの医療脱毛は、そのほとんどが医師免許を持つ者によって施術が行われています。医療脱毛なら、知識と経験が豊富という面でも、安心して脱毛ができるのです。

永久脱毛、ご存知ですか?

2014年12月28日 / 未分類

永久脱毛とは、毛根の「毛入頭」にダメージを与え破壊していく方法です。永久脱毛は医療機関でしか行えません。永久脱毛には絶縁針やレーザーを用いた方法があります。絶縁針は1本1本の毛穴に針を刺していくためかなりの痛みが伴いますが確実に脱毛でき、色素沈着や日焼けをしていても行う事ができます。一方、レーザーは輪ゴムを弾いた程度の痛みで広範囲に脱毛でき、施術時間も短くすみます。複数のレーザー機器を完備しているところは個々に合う照射レベルに調節できるので、より安全・効果的に脱毛できます。ただ、現在の科学技術ではレーザー照射によって永久脱毛が完全に行われるという事は出来ません。このため、産毛や細い毛が生えてくる事があります。完全に脱毛したい場合は絶縁針を併用することが進められています。この他にも注意事項があります。まず、レーザーは成長期の毛根に反応するため休止期の毛は脱毛できません。このため、施術期間中の毛抜きでの自己処理が禁止されています。また、レーザーはメラニン色素に反応するので日焼けにも注意しないといけません。さらに、長年の毛抜き等による自己処理で色素が沈着している場合はホワイトニング効果のある薬剤やレーザー等で黒ずみを除去してからの施術になります。また、妊娠中も脱毛できません。多くの医療機関では年間何回や何年間保証などのパッケージプランを用意しています。こうしたパッケージプランを組んでしまうと期間内に消化しきれないことがありますので注意が必要です。

脱毛器の種類について

2014年12月28日 / 未分類

af9920062607w脱毛器には色々種類があって、どれを選べば良いのか悩むかもしれません。現在、購入できる脱毛器はたくさん種類があります。価格もそれぞれ異なり、高い物だと5万円を超えるようなものもあります。又、フラッシュライト脱毛器やレーザー脱毛器、サーミコン式脱毛器等、色々なものがあり、益々選ぶのが難しいかもしれませんね。又、要らない毛を抜くタイプのものもあります。お風呂で使えるものも使い易いかもしれません。体を洗う際、いっしょに脱毛することもできるので、とても便利です。高周波を使った脱毛器もお勧めです。不要な毛を一本づつつまんで、そこへ高周波を流します。少しすると、簡単に毛が抜ける仕組みです。又、パッドを使って一気に処理することもできます。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、使い続けているとムダ毛が減ってきて、脱毛するのも簡単になってきます。この効果も嬉しいですね。使う人によって感じ方が違うので、どれが一番良い脱毛器なのか断言はできません。痛みも全くない訳ではないので、注意して考えて欲しいです。せっかくお金を払って購入するので、使い易く、気軽に使えるものが良いですね。自分で情報を集めて、決定して欲しいと思います。ムダ毛の処理は、女性にとっても男性にとっても大切なことです。清潔感を保ちたいなら、気を付けていたいものですね。男女で使える脱毛器を、一家に一つ用意して置くと、家族で使えて便利ですね。いつでも時間を見つけて使えて良いですよ。

安全性を保ちつつ、ほとんどの毛の脱毛が可能になる?

2014年12月28日 / 未分類

脱毛方法にも種類がたくさんありまして、医学の進歩や時代の流れに淘汰され衣眼では電気脱毛、ワックス脱毛、光脱毛、レーザー脱毛などがあります。光脱毛、レーザー脱毛は医療脱毛と呼ばれエステサロンなどでは行うことはできません。いずれの場合も脱毛を行う人の肌や毛の状態、毛の量の多さによって使い分けます。ムダ毛といえども、その人の体調、毛根の状態、体質によって、それから季節の微妙な変化を把握してから行わないと肌トラブルを起こしかねない繊細な施術です。間違った脱毛の仕方で肌に黒ずみがおこったり、炎症を起こしたりという事はよくあることでその場合は、皮膚科の受信がaf9920061160l必要となるわけです。そういう、事態を引き起こさないために、医療脱毛の必要性が存在するのです。医療脱毛には医療資格を持った医師が常駐していますので、より安全な脱毛がなされます。しかも、普通の脱毛ですと一時的な脱毛ですが医療脱毛は永久的にムダ毛のわずらわしさから解放されるというメリットもあります。高い安全性を持ちながら永久脱毛ができるのですから医療脱毛の必要性は確信できるものといえます。今のところ、日焼けをした肌や陰部の毛などは医療脱毛には適しません。それから細い毛や白髪やうぶげなども適さないケースです。しかし、医療脱毛の必要性は確約されているのですから今後はレーザーの改良もなされ、安全性を保ちつつ、ほとんどの毛の脱毛が可能になる日は遠からず来るでしょう。

4種類ある脱毛の仕方

2014年12月28日 / 未分類

脱毛の種類には、使用する薬品、あるいは電気又は光線を使用するか、によって、次の4種類に分類できます。1.ニードル脱毛、2.ワックス脱毛、3.フラッシュ脱毛、4.プラズマ脱毛です。先ず、1のニードル脱毛は、電気による脱毛方法です。細い針を毛穴に差し込み、針に「微弱の電気」あるいは「高周波」を流して、毛根部を破壊させる方法です。それにより、毛の再生を妨げる効果があります。2のワックス脱毛は顔以外に適用されるもので、主にエステや家庭で利用される方法の一つです。脱毛専用ワックスを顔以外の皮膚に塗布し、毛根から抜き取る方法です。永久に脱毛することはできませんので、一時的に脱毛する際に有効です。3.フラッシュ脱毛は光脱毛の一種で、黒色に反応する光線の特徴を利用し、「毛球」「毛乳頭」の処理をする方法です。簡単に言えば、レーザー機脱毛と原理は同じです。但し、レーザー光線より波長が長く、多様な毛質、毛根の深さに反応するのが特徴です。又、光線が脱毛処理部の毛根にしっかりと届く機器を用いるのが必須条件です。4.プラズマ脱毛も光脱毛の一種で、フラッシュ光線と、特殊偏光フィルムを活かした脱毛です。これも基本的にレーザー機による脱毛方法とそのしくみは同じです。フラッシュ脱毛と同じようにあらゆる毛質、毛根の深さに反応し、高性能です。現在のところ、フラッシュ脱毛が痛みも少なく、時間的にもかからないため、綜合的に高い評価を得ているようです。ただし、先ずは無料カウンセリングがありますので、1社だけでなく出来るだけ多くのサロンでカウンセリングを受け、施設の雰囲気や対応を観察してから決めることが、脱毛を失敗をしないポイントです。

脱毛の方法!

2014年11月7日 / 未分類

脱毛の方法は大きく三種類に分けることが出来ます。まず、自身でカミソリや毛抜きを使ったり市販の脱毛クリームやワックスで行なう自己処理法です。この方法は自宅で簡単に出来る脱毛の方法ですが、一時的に目立たなくすることは出来ても、またすぐに新しい毛が生えてくる度に繰り返し処理しなければなりません。また、その日の体調や肌質によってはトラブルを起こしやすくなったり面倒なところも難点です。このように自宅で簡単に行なえるセルフケアのほかに美容外科などの医療機関で施術を受ける方法があります。この医療脱毛法は本来ホルモン異常による多毛症などの病気の患者さんに対して専門の医師が医療機器を用いて治療を施すものでした。近年では、ムダ毛の処理や体質に悩みを持つ女性が増えるにつれて多毛症等の病気治療以外にも美容目的の治療も行なっています。この医療脱毛法は専門の知識を持つ医師によって施されるものですから脱毛の方法としては,最も高い確実性が望めるものです。しかしながら、費用が高額になることも避けられません。したがって医療脱毛を受ける前に詳しい内容の確認は必要です。これらの脱毛方法のほかにもエステティックサロンで施術を受ける方法があります。エステティック脱毛には水着を着る時に気になるVゾーンやわきの下のデリケートゾーンのお手入れとしてワックスを使った脱毛法があります。また、エステティックサロンでは医療用のレーザーは使えませんが、特殊な光線を組み合わせたレーザー脱毛も行なっています。医療脱毛法に比べると効果は緩やかではありますが金銭的な負担は幾分軽くなります。しかし、いずれの方法も自身で受ける施術の内容をカウンセリングで説明してもらい納得の上で臨むことが重要です。

TOPへ戻る