4種類ある脱毛の仕方

2014年12月28日 / 未分類

脱毛の種類には、使用する薬品、あるいは電気又は光線を使用するか、によって、次の4種類に分類できます。1.ニードル脱毛、2.ワックス脱毛、3.フラッシュ脱毛、4.プラズマ脱毛です。先ず、1のニードル脱毛は、電気による脱毛方法です。細い針を毛穴に差し込み、針に「微弱の電気」あるいは「高周波」を流して、毛根部を破壊させる方法です。それにより、毛の再生を妨げる効果があります。2のワックス脱毛は顔以外に適用されるもので、主にエステや家庭で利用される方法の一つです。脱毛専用ワックスを顔以外の皮膚に塗布し、毛根から抜き取る方法です。永久に脱毛することはできませんので、一時的に脱毛する際に有効です。3.フラッシュ脱毛は光脱毛の一種で、黒色に反応する光線の特徴を利用し、「毛球」「毛乳頭」の処理をする方法です。簡単に言えば、レーザー機脱毛と原理は同じです。但し、レーザー光線より波長が長く、多様な毛質、毛根の深さに反応するのが特徴です。又、光線が脱毛処理部の毛根にしっかりと届く機器を用いるのが必須条件です。4.プラズマ脱毛も光脱毛の一種で、フラッシュ光線と、特殊偏光フィルムを活かした脱毛です。これも基本的にレーザー機による脱毛方法とそのしくみは同じです。フラッシュ脱毛と同じようにあらゆる毛質、毛根の深さに反応し、高性能です。現在のところ、フラッシュ脱毛が痛みも少なく、時間的にもかからないため、綜合的に高い評価を得ているようです。ただし、先ずは無料カウンセリングがありますので、1社だけでなく出来るだけ多くのサロンでカウンセリングを受け、施設の雰囲気や対応を観察してから決めることが、脱毛を失敗をしないポイントです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る