永久脱毛、ご存知ですか?

2014年12月28日 / 未分類

永久脱毛とは、毛根の「毛入頭」にダメージを与え破壊していく方法です。永久脱毛は医療機関でしか行えません。永久脱毛には絶縁針やレーザーを用いた方法があります。絶縁針は1本1本の毛穴に針を刺していくためかなりの痛みが伴いますが確実に脱毛でき、色素沈着や日焼けをしていても行う事ができます。一方、レーザーは輪ゴムを弾いた程度の痛みで広範囲に脱毛でき、施術時間も短くすみます。複数のレーザー機器を完備しているところは個々に合う照射レベルに調節できるので、より安全・効果的に脱毛できます。ただ、現在の科学技術ではレーザー照射によって永久脱毛が完全に行われるという事は出来ません。このため、産毛や細い毛が生えてくる事があります。完全に脱毛したい場合は絶縁針を併用することが進められています。この他にも注意事項があります。まず、レーザーは成長期の毛根に反応するため休止期の毛は脱毛できません。このため、施術期間中の毛抜きでの自己処理が禁止されています。また、レーザーはメラニン色素に反応するので日焼けにも注意しないといけません。さらに、長年の毛抜き等による自己処理で色素が沈着している場合はホワイトニング効果のある薬剤やレーザー等で黒ずみを除去してからの施術になります。また、妊娠中も脱毛できません。多くの医療機関では年間何回や何年間保証などのパッケージプランを用意しています。こうしたパッケージプランを組んでしまうと期間内に消化しきれないことがありますので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る