レーザー光による効果

2014年12月28日 / 未分類

レーザー光による医療脱毛は1回での効果が高く効率よく脱毛することができます。レーザー光は、黒いものに反応する性質があり、メラニン色素がレーザー光を吸収して、毛乳頭にダメージを与え破壊するのです。これにより、毛の再生ができなくなります。そして、数日から一週間がたったころ、なにもしなくてもポロッと毛が抜けるのです。毛が抜けた毛穴は、徐々に閉じていき、毛が生えてこなくなります。では、なぜ一度のレーザー光の照射では効果がないのでしょうか。それは、毛のサイクルがあるためです。毛には成長期、退行期、休止期というサイクルがあり、レーザー光の照射に反応が良いのは、成長期の毛だけです。レーザー光をあてた時に休止期だった毛は、成長期に入った際に、レーザーaf9940073858l光を再びあてることで効果が得られるのです。こうして数回のレーザー光による医療脱毛を行うことで、むだ毛の量が減り、次第にお手入れいらずになるのです。その効果はエステでの光脱毛よりも出力が高いため、効率的です。なるべく短期間でむだ毛を減らしたいならば、レーザー光による医療脱毛の方をお勧めします。医療法として認められる脱毛の定義は毛乳頭や皮脂腺開口部を破壊することとされており、2000年11月16日厚生省により、医療行為であると認められました。クリニックでの医療脱毛は、そのほとんどが医師免許を持つ者によって施術が行われています。医療脱毛なら、知識と経験が豊富という面でも、安心して脱毛ができるのです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る